シロオビキホリハナバチ

 

f:id:tacobooz:20200801102108j:plain



 木槿(むくげ)の花の中で、よく見かけます。
 体についているのはムクゲの花粉です。

 真っ黒で、いつも花の底にいます。
 大きさは12ミリ、脛節にするどい棘毛(トゲ)がみえる。

 既存坑も利用し、それがなければ自分で木を掘ります。
 大顎(おおあご)がハナバチにしてはがっちりしている。