続・虫をさがしに・・・

テフ、ハチ、カミキリ、ときどきゾウムシ

ヤスマツマエダテバチ

 

f:id:tacobooz:20200610102854j:plain

 

 ケヤキでクロクサアリが輪になって、なにかを囲んでいる。
 食事の順番待ちをしているのです。
 輪のなかにはヤノクチナガオオアブラムシがいて、彼もまた食事中なのです。

 アリは4ミリぐらい、クロクサアリは、アブラムシの甘露を餌にしています。
 アブラムシにちょっかいを出す者は攻撃されます。

 護衛付きのアブラムシを連れ去るのがヤスマツマエダテです。
 ハチはけっして着地しません。つねにホバリングしながら狩りをします。

 

f:id:tacobooz:20200610102923j:plain