ミツバチ科(キマダラハナバチ属)

悪い奴ほどよく眠る

まだ日暮れには早い時刻。 キマダラハナバチはぐっすり寝込んでいる。 昼間はヒゲナガハナバチの巣をさがし回っている。 空き巣稼業でよほど疲れたのだろう。 体長12ミリ、黄色と褐色の斑紋がある。 ダイミョウならば、シロスジヒゲナガに寄生する。

索敵飛行

露地をスレスレに飛びながら、地面に開いた坑を見て回る。 体長は10ミリ、ヤマトキマダラハナバチです。 年2化、ミツクリフシダカヒメハナバチに労働寄生する。

キマダラハナバチ

体長12ミリ、腹背に黄色の帯がある。 (ダイミョウ)キマダラハナバチか? ならば、ニッポン、シロスジヒゲナガに寄生する。 単為生殖(オスはいない)。 強い風に飛ばされないように葉っぱにへばりついていた。 風の息継ぎの一瞬に、なんとか写せた。