ミツバチ科

花の中

のっぽの花は風に弱い。 皇帝ダリアは背丈が3メートルを越えてます。 風で倒れた花の中でミツバチが仕事している。

水辺のミツバチ

ミツバチが水汲みにきた。 雨水、巣に持ち帰って何に使うの? もう暑くないし、巣内の水まきはないだろう。 ハチミツ薄めるのに使う? せっかくのハチミツ不味くならない?

いそがしいミツバチ

ミツバチの巣ごもりは、冬眠ではありません。 体を寄せ合って、羽を震動させ、室温を30度に保っています。 その燃料はハチミツです。 一冬分のハチミツ、いま、とても忙しいのです。

ミツバチは死んだ

菩提樹の葉っぱで眠っているハチがいた。 いや、ちがった。 寿命をさとったミツバチがひとり遠くへ来て死んだのだ。 ミツバチは、小鳥に食べられた。