ハキリバチ科(ハキリバチ属)

ヒメツツハキリバチ

小さなハキリバチです。 茶系はオスです。メスは真っ黒。 7~8ミリ、むかしの名前はチビハキリバチでした。

ツルガハキリ

メスです。 このハチが好きだから、みつけたら何度でも登場させる。 小さいハチに刺された。 左人差し指が腫れている。

ツルガハキリ

知らない町で出会ったハキリバチキリ、ツルガのオスだと思う。 キバナコスモスが風で揺れる。ハチは遠くへは飛ばない。

ツルガハキリバチ(♂)

真上からの連続フラッシュにもじっと耐えていた。 あわてたのでメジャーを置くのをわすれた。 大雑把に10ミリ、オスです。 頭部に黒毛が混じっているようにも見えます。

スミスハキリバチ(♂)

体長10ミリほど、オスです。 頭頂、腹部背板などに黒毛があります。 腹背の各節に無点刻な部分があって光沢がある。

ツルガハキリバチ(♂)

9ミリぐらいのオスです。 イノコズチ、ミズヒキなどの花から花を飛んでいた。 お散歩ネットで掬ってみたら入っていた。

ツルガハキリバチ(♀)

遠くの台風が通り過ぎた。あと少しで秋です。 萩(はぎ)にぶら下がるハチ。 腹部のスコパが見えます。メスです。

ツルガハキリバチ

大きさ12ミリぐらい。 頭に黒毛が混じっているようにみえるから、 たぶん、ツルガハキリバチ(のオス)でしょう。

オオハキリバチ

体長2センチ、黒くて大きいし、羽音もすごい。 近づきがたい感じがするが、おとなしい。 メスだから、お尻に刺針はつけている。 竹筒などの既存孔にマツヤニや木屑、泥を使って育房を作る。 葉っぱは使わない。 ハラアカヤドリハキリバチに労働寄生されます。

スミスハキリバチ

大きさ15ミリ、ほぼ黒色で、胸部に褐色毛がある。

ツルガハキリバチ

大きさは10ミリ、オスです。 アザミの花から、ちょっとだけ白バックに移動。 せっかくのランチタイム、ごめん。 昔はバラハキリバチモドキと呼ばれていた。 頭に黒い毛が混じっているとツルガハキリです。

ハキリバチ

おおきさ10ミリ、オスです。 バラかスミスか、わかりません。

ヒメハキリバチ

体長7ミリ、オスです。オスは小さい。 嫁さん探しで疲れたオスです。

ヒメハキリバチ

大きさ10ミリ、立ち枯れ木などの既存抗に営巣する。 このハキリバチ、葉っぱのコップを作らない。 かみ砕いた葉っぱで育房の隔壁(パーティション)をつくる。 巣穴を閉塞するときには泥なども利用するらしい。 花粉団子をつくるのは、ほかのハキリバチと同じ…

バラハキリバチ

体長10ミリぐらい。メスです。 ほぼ黒色で褐色の毛が生えている。 バラの愛好家にはご愁傷様です。 きれいな葉っぱを選んで、きれいに丸くカットしてくれます。

ムナカタハキリ(のオス)

大きさ12ミリぐらい。 前脚のボンボンはなんのため? そのむかし、オスは、ムナカタハキリバチと呼ばれ、 メスは、スミゾメハキリバチと呼ばれていた。 オスとメスで別種と考えられていました。

葉っぱを切る

巣坑ができあがると、葉っぱを切りに出かける。 使う葉っぱは、サクラ、ツツジ、フジなどである。 カエデの若葉もよく使われる。 止まるとすぐに、大顎でざくざくと切りとってゆく。 切りながら葉っぱを湾曲(わんきょく)させる。 葉っぱが切り離されると空中…

花粉を運ぶ

葉っぱで蛹室を作った母バチ。 次の工程では、花粉だんごをつくります。 花粉集めに飛び立ったら、ひたすら帰りを待つ。 いつ帰ってくるのかわかりません。 お腹を白っぽくして母バチが帰ってきた。 いつものオレンジ色の腹がなにかの花粉で白くなっている。…

穴を掘る母さん

巣穴を掘りはじめたヤマトハキリバチです。 巣穴は直線でなければならないらしい。 邪魔な石ころはくわえて運び出します。 後ずさりで運び出してきました。 巣穴から20センチほど運んでから捨てました。 ご苦労さん。

空飛ぶ葉っぱ

ヤマトハキリバチです。 風もないのに葉っぱが空を飛んでくる。 鞍(くら)に跨がるようにして運ぶ。 巣の前に着地してから歩いて葉っぱを運び込む。 これは写すのは簡単だが、空中ではピントが合わない。 置きピンでも、進入角度がいつも同じとは限らない。

深度合成

ヤマトハキリバチ、生まれたばかりのメスです。 OM-D E-M1 MarkII でフォーカスブラケット。 ピントの送り幅を4にして10枚、それらから1枚をつくります。

ヤマトハキリバチ

年一化、体長8ミリ、オレンジのスコパはメスです。 去年の春、お寺の石段で、カエデの葉っぱを運んでいた。 あれから一年、今日、ヤマトハキリバチが誕生した。 晴れたら、生まれ故郷でリリースしよう。