タテハチョウ科

クジャクチョウ

前翅長25ミリ、大きな目玉模様が孔雀なのか? ちょっとどぎつい感じがする。学名は「芸者」です。 年2化、初夏と初秋、成虫で冬越しするので晩秋にも見られる。 石垣の上が好きらしい。よく止まる。 食草は、ホソバイラクサ、カラハナソウなどのイラクサ科。

三寒四温

低気圧が次々に通り過ぎる。 春遠からじの天候です。 越冬しているヒメアカタテハがはいだしてきた。 翅は、そんない痛んでいない。 あんがい、楽な冬だったのだろう。 光の春は、すぐそこまで来ていますよ。

ごまだらくん

晩秋のゴマダラの子です。 エノキを降りてきました。 落ち葉の裏で眠りにつくところ。 いまごろは、どこかで熟睡してる。

国賓待遇

大陸から入り込んだアカボシゴマダラ。 ニッチを奪われた土着のゴマダラチョウが哀れ。 神経衰弱、エノキの根元で落ち葉をめくった。 背中の突起が4対に見えた。 オオムラサキがいるわけがないから却下。 3対だけど、ゴマダラさえ怪しい。アカボシかも知れ…