続・虫をさがしに・・・

チョウ、ハチ、カミキリ、ときどきゾウムシ

クモバチ科(クモバチ亜科)

オオモンクロベッコウ

むかしの名前です。 15ミリぐらい、腹部にオレンジ色の帯が見える。 徘徊性のクモを狩って引きずっていた。 クモを草の葉に持ち上げて置いてから化粧直しです。 地中に坑を掘り、産卵して、埋め戻される。 埋めた巣穴付近を枯れ葉などでカムフラージュする。

ミイロツメボソクモバチ

大きさ6ミリ、ミイロというのは3色という意味か? 石垣、板壁などの壁面でハエトリグモを狩る。 後ろ向きに獲物を引きずって歩く。 巣作りはずさん。 適当な凹みにクモを運び砂をかけて終わりです。

ミイロツメボソ

大きさは7ミリぐらい、徘徊性のクモを狩ります。 アバウトな巣作りをするクモバチです。 どこで見つけたのか、アオオビハエトリを引きずってきた。