アリマキバチ科(アリマキバチ亜科)

イスカバチの一種(Passaloecus sp.)

体長5ミリ、アブラムシを狩るハチ。 巣房は樹脂(ヤニ)で仕切ります。 古材木に無数に開いた針穴のような巣に出入りする。 だけど、新しく自分で開けた穴ではない。 頭から入り、尻から出てくる。狭くて中で回転できない。

アバタアリマキバチ

アブラムシ(アリマキ)を狩り、朽ち木に営巣します。 この個体、オスかも知れない。

シロシタイスカバチ

オスです。小さい。約6ミリ。 ハチミツで温和しくなりました。 生け垣で嫁さん探しをしていました。 教えてもらわないかぎり、じぶんで見つけるのはむずかしい。

シロシタイスカバチ

大きさ7ミリの黒いハチです。後ろ足をスリスリしていた。 あまり意味のない真横からの深度合成です。 何回目かで成功しました。 オリンパス30mmf/3.5マクロです。 倍率1.25倍、レンズ前ギリギリまで近づけます。

アリマキバチ

大きさ7ミリ、アブラムシを狩って朽ち木に営巣する。 たぶん、アバタアリマキバチだろう。 ここらあたりに一番多い種です。 違うと言われてもわかりません。

シロシタイスカバチ

朽ち木をくり抜いて営巣する。いわゆる掘坑性の狩りバチ。 獲物はアブラムシ。 巣房の仕切りや、巣の閉鎖に樹脂(マツヤニ?)をつかう。 ベタベタ感を、木くずや土くれで補正する。 頭がいいのか悪いのか?

アバタアリマキバチ

大きさ7ミリほど、後肢の脛節の棘(とげ)を確認した。 アバタアリマキバチ、メスです。 名前の通り、アリマキを狩って朽ち木に営巣する。

シロシタイスカバチ

グリーンのアブラムシをくわえて動きまわる。 なかなかピントがこなくてボケボケ。 大きさ5ミリ、なんの特徴もない真っ黒なボディ。 象牙色の、咬み合わない大顎が特徴です。 育房の仕切りや巣穴の閉鎖には樹脂を使う。

アバタアリマキバチ

もうアリマキバチの季節がきた。 おおきさは、6ミリぐらい。 真っ黒なボディ。翅の縁紋がわかります。 アリマキを狩ります。

シロシタイスカバチ

大きさ6~7ミリ、朽ち木に穴を掘って営巣する。 獲物はアブラムシ、房室の仕切りに樹脂を使う。 ホバリングしながら空中麻酔します。