2020-08-01から1日間の記事一覧

シロオビキホリハナバチ

木槿(むくげ)の花の中で、よく見かけます。 体についているのはムクゲの花粉です。 真っ黒で、いつも花の底にいます。 大きさは12ミリ、脛節にするどい棘毛(トゲ)がみえる。 既存坑も利用し、それがなければ自分で木を掘ります。 大顎(おおあご)がハナバチに…

オオハキリバチ

ハチを呼ぶ花がハチたちを集めている。 名前は知らない。花びらのかたちはラン科のようだ。 大きさは13ミリ、このハチ、既存坑に松ヤニを使って営巣する。