2020-07-12から1日間の記事一覧

オオモンクロベッコウ

むかしの名前です。 15ミリぐらい、腹部にオレンジ色の帯が見える。 徘徊性のクモを狩って引きずっていた。 クモを草の葉に持ち上げて置いてから化粧直しです。 地中に坑を掘り、産卵して、埋め戻される。 埋めた巣穴付近を枯れ葉などでカムフラージュする。

サカハチチョウ

前翅長20ミリ、濃茶色に白の一文字、夏型です。 都内では無理、少しだけ山地に入って渓流沿いで見つかる。 食草は、コアカソ(イラクサ科カラムシ属)です。