ニホンミツバチ(Apis cerana japonica)

コセンダングサにニホンミツバチが舞う。 ミツバチにとって、いまがいちばん忙しい時期なのはわかっている。 越冬生活のための蜂蜜つくりは、一族の生存に関わる作業だから。 ストレスに弱いことも承知している。 狭い空間に閉じ込めると、すぐに死んでしま…

トホシテントウ(Epilachna admirabilis)

ナナホシのような光沢はありません。 ナナホシは肉食ですが、トホシは草食です。 カラスウリの葉っぱなどをたべます。 その食痕は、まるでレースカーテン。 幼虫で越冬します。

ムモントックリ(Eumenes rubronotatus)

岩のくぼみなどを利用してドロで壺型の巣を作る。 産卵ののちにアオムシ(鱗翅目の幼虫)を狩って巣に運び込む。 壺のかたちは、最終的には泥の塊になってしまう。

ゴマダラチョウ(Hestina persimilis japonica)

オオムラサキとおなじ、ニレ科のエノキが食草です。 アカボシに生息地を浸食されながらも、しぶとく生きてる。 日本のチョウ。基産地ヤポニカが学名に残る。 落ち葉の中で越冬します。

ギングチの一種(Crabroninae sp.)

セイタカアワダチソウの花でみつけた小さなハチです。 体長は約10ミリ、黒一色で腹部には斑紋がない。 ギングチなんですが、同定は、まだできません。

ホシミスジ(Neptis pryeri)

花瓶に挿したユキヤナギのサナギがいつの間にか羽化していた。 コミスジに似てるが、翅裏の黒点(ホシ)で区別できます。 ただし、大抵の場合、翅は開いてとまるので、 なかなか裏面を見せてくれません。 食草は、ユキヤナギ、コデマリなどのバラ科です。

コンボウヤセバチの一種(Gasteruptidae Ashmead)

体の線は細いが、産卵管を含めると20ミリを越える。 動きは鈍いが、ほとんど止まらずに、歩いていた。 深度合成で撮るのはあきらめた。 コンボウヤセバチの一種だが、 オオコンボウなのか、ヒメコンボウなのか判断できない。 産卵管の長いのがオオで、短いの…

ミイロツメボソ(Agenioides cinctellus)

体長6ミリほどの美しいハチ。 床下の乾いた地面を浅く掘り営巣する。 徘徊姓のクモを狩る。 アオオビハエトリを捕まえた。 麻酔が効いていて動けない。 メス(オスは捕獲しない)です。

ヘボ(Vespula flaviceps)

都会では、エサ不足が深刻だ。 だから、都会のヘボはみんなちいさい。 子どもの時にエサをたっぷりもらえないのだ。

ヒメスズメバチ(Vespa ducalis)

尾端が真っ黒だから、他のスズメバチと区別が簡単です。 アシナガバチ属の巣を襲ってエサとする。 図体はでかいが、それほど攻撃性は強くなさそう。 スズメバチの中ではいちばん綺麗だとおもう。

チビドロバチ(Stenodynerus frauenfeldi)

黒色で、腹部に2本黄色い縞模様があります。 カタグロか、ムナグロのどちらかだと思います。 小蛾の幼虫を狩って竹筒などに営巣する。

ツルガハキリバチ(Megachile tsurugensis)

オスです。 バラハキリバチのそっくりさんです。 それで、バラハキリバチモドキと呼ばれていました。 竹筒または地中に営巣します。

バラハキリバチ(Megachile nipponica)

オスです。メスはいま、巣作りで多忙です。 メスに、ちょっかいを出しても、 ほとんどの場合、「イヤです」と言われてしまう。 コスモスの花に止まって、ボサっとしていた。

オオフタオビドロバチ(Anterhynchium flavomarginatum)

体長はおよそ15ミリ、腹部背板に2本の黄色い帯があります。 竹筒、甲虫の脱出孔などに巣を作る。 幼虫の餌は、メイガ、ハマキガなどの幼虫です。 越冬態は、卵ではなく幼虫。

ヒメツツハキリバチ(Megachile subalbuta)

オスです、サクラタデ(タデ科)にきていた。 体長8ミリほど、黄褐色の毛が密に生えて毛深い。 複眼が悩ましい。メスは黒目だそうです。

チャイロスズメバチ(Vespa dybowskii)

働きバチです。 他のスズメバチとは全く異なる色彩です。 社会寄生種だけあって、獰猛そうなお顔です。

スミスハキリバチ(Megachile humilis)

体長15ミリほどのオスです。 頭部に黒褐色の短毛が密に生えている。

モンクチビルテントウ(Platynaspidius maculosus)

土着のヨツボシだと思ったのだがちがった。 よく似ているが、上翅の黒紋が大きくて、すこし横長です。 顔面が黒だからメスです。 台湾国からの移民らしい。仲よくしよう!

バラハキリバチ(Megachile nipponica)

オス(だと思います)。 なんだか、あまり活発ではありません。 動きが鈍い。こちらには好都合でした。

マエアカクモバチ(Agenioideus lascivus)

大きさが10ミリほど、体の前半が赤い色のクモバチです。 ヒメグモ科のクモなどを狩るようです。 床下や、岩の隙間など、乾いた土に穴を掘って営巣する。

クロアナバチ(Sphex argentatus fumosus)

メスです。オオアナバチ属だけあってかなり大きい。 ツユムシやクダマキモドキなどを狩ります。 獲物に麻酔をかけ、穴に運んで産卵する。 巣穴はかなり深く掘るようです。

トガリハナバチのなかま(Coelioxys)

体長12ミリ、トガリハナバチのなかまです。 腹部先端が尖っているのが名前の由来です。 スミスハキリやツルガハキリなどに労働寄生します。 彼女らの蓄えた花粉だんごの中に自分の卵を埋め込みます。 尾端が尖っている理由です。

ツクツクボウシ(Meimuna opalifera)

黒に緑色の斑紋がある。 姿からは同定に自信ないが、 ツクツク オーシィ~って泣いていたから間違いない。 秋を告げるセミだそうです。 夏の終わりには、よく落ちている。 体の形や、模様がヒグラシと似ている。

ナミジガバチモドキ(Trypoxylon petiolatum)

メスです。腹部の上部はオレンジ色、ジガバチに似ている。 だが、腹部先端がジガバチほどに太くならない。 営巣場所は、竹筒や、木の坑などです。 育房の仕切りに泥をつかいます。 狩るのはハエトリグモなど、小型の蜘蛛。 姿形は似てないけれど、なるほど、…

クロスズメバチ(Vespula flaviceps)

信州では、ジバチとかヘボとか呼ばれるハチです。 その幼虫や蛹は「蜂の子」として珍重されている食品です。 どこかに巣があるのかも、しかし、そんなに多くは飛んでいない。 ふつう、ヘボの営巣は大きいんだが、都市では餌不足なのでしょう。

アオスジハナバチ(Nomia incerta)

白い萩が咲き、あっという間に散ってしまった。 萩にくるハチ、コハナバチ。メスです。 腹の帯が青緑色に色つけされている。 これが名前の由来でしょう。

チビドロのなかま(Stenodynerus)

巣の仕切りにドロを使うのでドロバチです。 チビなので、チビドロバチといいます。腹部に2本の黄色い帯があります。 外見がそっくりなのが数種いて、同定がむずかしい。 カタグロチビドロ(Stenodynerus chinensis)は、ドロバチのなかでは一番多い。 肩板が…

ギングチのなかま(Ectemnius)

ギングチのなかまには、ケラトリバチ亜科もある。 ケラトリのなかまは、コオロギなどケラのなかまを狩る。 ハエやアブを狩るギングチバチ亜科とはなじまない。 たまたま飛んできた不明の飛翔体を捕まえた。 よく見たら、ギングチのようだった。 ギングチバチ…

ツヤアリバチ(Methoca japonica)

メスです。メスには翅がありません。 アリにみえます。なので、アリバチです。 よく見ると、胸部がくびれていたり、触角が違うため、 ハチのなかまであることに気付きます。 高速で歩きます。止まらないので、野外撮影はムリ。 室内でもノンストップ走行で難…

ハラアカヤドリハキリバチ(Euaspis basalis)

大きさは15ミリ、遠くからでも目立つ赤い腹。 腹部第1節後縁以下は赤褐色。 ホストの労働を横取りするハチです。 相手はオオハキリバチ、労働寄生といいます。