コオロギバチ

ヒメコオロギバチ、オスです。 サワラの大木、根本付近にうろうろしてます。 陽が差すとあらわれ、陰ると消えます。 まだ、メスを見かけません。 頭を振るので大顎がボケてしまいました。

アシブトコバチ

大きさ約5ミリ、あまり見かけないアシブトです。 後肢の腿節を含めて真っ黒、種名はお手上げである。 蝶や蛾など鱗翅目のサナギや幼虫に卵を産みつける。 内部寄生をする寄生バチです。 肢の腿節が異常に太い。 跳ねるでもなく、ひたすら歩き回っていて写し…

チビドロバチ

大きさは8ミリ、腹部第1、第2背板に黄色帯があります。 チビドロにはムナグロとか、カタグロがいます。 肩板が黒色なら、カタグロチなんですが、 どちららがどちら、なのか決められません。 竹筒など、既存坑に営巣する。 狩りをする前に産卵し、卵は糸でつ…

ギングチバチ

種は不明です。 ヒメギングチの一種でしょうか?

オオシロフクモバチ

大きさ12ミリ、蜘蛛を狩るハチです。 ジョロウグモやオニグモなど、円網を張るクモを獲物とする。

オオセイボウ

大きさ15ミリ、オスです。 メスがあらわれるのは、もう少し後です。 オスが、メスの誕生を待つのがこの世界の習わしです。 シアン系の金属光沢、陽が当たると輝きます。

アリマキバチ

大きさ7ミリ、アブラムシを狩って朽ち木に営巣する。 たぶん、アバタアリマキバチだろう。 ここらあたりに一番多い種です。 違うと言われてもわかりません。

オオスズメバチ

ミツバチを追いかけていた奴を捕まえた。 秋になると気性が荒くなるから、取扱注意。 また刺されたら大変なことになる。

モンスズメバチ

大きさ23ミリ、黄色と黒の波形(なみがた)模様が特徴です。 夕方まで活動して、セミを狩るハチです。 モンスズメバチの攻撃性はやや強い。 ハチミツで買収したが、ほどほどにして離れた。

シロシタイスカバチ

朽ち木をくり抜いて営巣する。いわゆる掘坑性の狩りバチ。 獲物はアブラムシ。 巣房の仕切りや、巣の閉鎖に樹脂(マツヤニ?)をつかう。 ベタベタ感を、木くずや土くれで補正する。 頭がいいのか悪いのか?

チビコハナバチ

何度も登場する腹が橙赤色のハチ、メスです。 フラッシュ焚きながら、12枚からの深度合成です。 その間、なかなか温和しくしてくれない。 体長7ミリほど、ハラアカチビコハナバチです。

カタコハナバチ

ヤマグワの葉っぱで休んでいた。 シロスジカタコハナバチか? 小さなハチ。小さく見えても約8ミリ、メスです。 季節は巡って、ハナバチもだんだん遠くなる。

アルファルファタコゾウムシ

褐色で不明瞭な縦スジ模様がある。 土着の虫ではない。草に紛れて輸入された。 ヨーロッパから帰化したゾウムシ。 アルファルファや、マメ科の牧草などがエサです。

ツルガハキリ

メスです。 このハチが好きだから、みつけたら何度でも登場させる。 小さいハチに刺された。 左人差し指が腫れている。

トゲアシオオクモバチ

体長13ミリほど、中型のクモバチです。 黒色で、翅の後方に暗色紋がある。 名前の通り後肢には鋭いトゲが見える。

ミカドの背中

トックリバチと言えば、このミカドトックリを指すようです。 トックリバチのなかまでは大型で、15ミリぐらいあります。 見分けるのは簡単で、背中の黄色紋が目印になります。

キボシアシナガ

体長14ミリのオス、ぼーっとしてる。 毎年のいまごろ、新女王とともにオスが生まれ、 生まれてすぐ交尾の旅に出る。 次世代に命をつなぐ新女王は越冬、オスは死んで、おわり。

アカガネコハナバチ

体長8ミリぐらい、オスです。 銅のような金属光沢をもっているので、この名前です。 メスの場合、母娘の2世代で共同生活することが知られています。

ヒメクモバチの泥の壺

大きさ8ミリ、泥玉をくわえている。 竹筒のなかに樽型の泥壺を作っているらしい。 高さ1センチほどの2個の樽型の壺が置かれていた。 壺の外壁のブツブツは母バチの咥えていた一粒の泥に相当するようだ。 ナミヒメクモバチの泥壺は雨に弱い。だから、竹筒の中…

ヤマトアリバチモドキ

大きさは7ミリ、無翅、メスです。 たぶん、ヤマトアリバチモドキです。 同定に責任は持てない。 翅はないけれど、超高速で歩くから、 管ビンの中に閉じ込めて撮影した。

アバタアリマキバチ

大きさ7ミリほど、後肢の脛節の棘(とげ)を確認した。 アバタアリマキバチ、メスです。 名前の通り、アリマキを狩って朽ち木に営巣する。

クロスズメバチ

スズメバチ属に比べると体は小さい。 性格も穏やかです。あまり、攻撃してこない。 ただし、巣穴の上を歩いて刺激してしまうとやばいです。 全体が黒色で、白い帯があります。

ムネアカアリバチ

よく見るアリバチ、ほかに15種ぐらいがいる。 無翅なのでメス、オスは有翅です。 速く歩くけれど、アリに間違うことはない。 アナバチ、ハナバチ、クモバチなどが捕食寄生の対象らしい。

コオロギバチ

黒ずくめのコオロギバチ(上はメス、下はオス)。 ナミとかヒメがいますが、これはヒメです。 タンボとかツヅレサセとかエンマコオロギの幼生を狩る。 成虫態で越冬するから冬でもみつかる。

コシブトクモバチ

トタテグモの巣を襲うコシブトクモバチの一種。 本邦にはこの種だけが知られているそうです。 キシノウエトタテグモに麻酔をかけ卵を産み付ける。 そして、トタテグモの巣を自巣にしてしまう。 トタテグモは巣坑に扉を建てる(蓋をする)クモです。

セナガアナバチ

大きさ18ミリ、メスです。 桜の老木で捕獲、桜の老木でリリース。 ゴキブリを狩る。かなり原始的、進化していないハチ。 こんなど派手なハチが土着であるわけがない。 どこから侵入してきたのかは知らないが、外来種と考えられる。 正確には(たぶん)サトセナ…

ムモントックリ

むかしの名前はサムライでした。 石碑や墓石の、文字の凹みに巣を造る。 手抜き工事にあらず、工事の省力化です。

ツルガハキリ

知らない町で出会ったハキリバチキリ、ツルガのオスだと思う。 キバナコスモスが風で揺れる。ハチは遠くへは飛ばない。

ジャコウアゲハ

蛹化してからまだ数日、独特な姿のさなぎです。 番町皿屋敷のお菊さんが後ろ手で柱にくくりつけられている。 そこから、つけられた別名オキクムシ(お菊虫)。 食草のオオバウマノスズクサから、かなり離れて蛹化した。 真夜中にひとり、てくてく歩いたんだろ…

ツルガハキリバチ(♂)

真上からの連続フラッシュにもじっと耐えていた。 あわてたのでメジャーを置くのをわすれた。 大雑把に10ミリ、オスです。 頭部に黒毛が混じっているようにも見えます。